-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.4 -> 1.3 へのダウングレードについて

2011-04-02 07:01

どうも、キルマーです!

日本時間の4/1深夜1時ぐらいにMinecraft1.4へのアップデートが来ました。

今回のようにアップデート等が来ると、
シングルプレイで楽しんでいる方にとっては差ほど支障はないのですが、
マルチプレイでやってる方にとってはPluginが対応しなくなるなどで
今までの機能を使えず、サーバー側が公開を控えるなどの対応を取る事が多くなり、
サーバーに接続できなる事が多々あります。

現在 nyanmaru.net では、1.4での公開は控え、LWCやWorldGuardが機能する1.3で公開し続けています。

nyanmaru.net に入るにはクライアント側が1.3である必要がありますが、
ほとんどの方が1.4にアップデートしてしまったものと思われます。

そ・こ・で

今回はそのような方々の為に 1.4 -> 1.3 へのダウングレードの仕方、
及びツールを紹介したいと思います。

※注意
1. 今回紹介する方法はMacでは使用できないという事です。
2. テクスチャパックなどがDefaultに戻りますので、お気に入りのものがあれば
バックアップを取っておく事をお勧めします。



ダウングレード方法

1. 先ずこちらでMinecraft Update Controller を手に入れてください。(.exe)
2. 次に、起動して説明文(英語)を読みましょう。
3. 読んだら "I Agree" ボタンをクリックしましょう。
(ボタンが見えない方、及び少ししか見えてない方へ...ボタンは下の方に2つあり、"I Agree" は左側にあります。
上の部分をダブルクリックする事により、大画面になり全体が見えるようになります。また、これは今後修正される可能性はあります。)

4. 1.3_01を選択し、Patch Client をクリックします。

これで、ダウングレードの作業は完了です。
後は新ランチャーでMinecraftを起動させましょう。
(新ランチャーは http://www.minecraft.net/ で手に入れる事が出来ます。)

※また、日本語化Modを導入していた方は再度導入する必要がありますので
以下より、各自でダウンロードするようにして下さい。
・日本語対応化 MOD http://zeeksphere.chu.jp/minecraft/jasupportmod.html


以上です。
FC2 Management

Shop機能

2011-03-07 23:38

どうも、Kilmer です!

いよいよUtopiaサーバーの公開が間近に迫ってきました。

nyanmaru.net の方では、現在新サーバーについてのアンケートを行っています。

時間のある方は是非アンケートの方にご協力ください。


という事で、今回はそんな新サーバーで新たに実装する予定のShop機能について紹介したいと思います。

Shop機能と聞いて懐かしいと思った方もいるかも知れません。

実は nyanmaru.net では、β移行前のα時代にShop機能が使えてました。
プレイヤーは最大で20個までのItemを売りに出す事ができ、自分たちの不要なアイテムを売りに出してお金を稼ぎ、
代わりに必要なアイテムを買う事が出来ました。
・・・が、βになってからShop機能が対応しなくなり現在では使えなくなってます。
街のあちらこちらでは今でも廃墟となったShopが複数点在しています。
私のShopも匠に吹き飛ばされました;w;

そのShop機能が何と、今回 復活 します!

Shopの立て方が前回とは少々異なるので、ここではその方法を説明したいと思います。


◇Shop の立て方

必要なもの:
1. Chest ( "/kit 2" でも手に入ります。)
2. Sign (最低でも1つ。2つあれば文句なし!)
3. Item (売るアイテムがないとshopを作っても…ね・・)


 先ず、Shop を立てたいところにChestを壁に接触するように置きましょう。
次にChestの斜め後ろのBlockにSignを張りつけ、Signに以下のように書き込みましょう。

1行目 : 名前
2行目 : 個数
3行目 : 値段
4行目 : Item ID

なお、Item IDはいつでもこちらで確認する事が出来ます。

これでShopは完成です。

…が、

買い手にとって見れば、アイテムがIDで書いてあると一々調べないといけないので
手間と時間がかかり、場合によってはそんなShopからは買う気が起きないかもしれません。


そこで、登場するのがもう一つのSign !

Shopを作ったら、その近くにきちんとItem名が分かるように名前を書いておいてあげましょう。

言葉だけでは伝わりにくい部分もあるかと思うので、以下に動画を作ってみました。


(編集してみたら、予想以上に蜘蛛がうるさかったので普段よりBGMの音量をちょびっとだけ大きくして見ました。)
--------------------------------------------------------------------------------------
追記(2011/3/8)

Signの4行目(Item ID)は他の方がアイテムを購入した直後にアイテム名に自動で変わってくれます。
とは言え、最初はIDのままなのでアイテム名をどこかに書いておいてあげた方が良いのではないかと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------

プラグイン入れ替えに伴うコマンド変更について

2011-03-04 08:47

どうも、キルマーです!

さて、今回はタイトルの通り コマンドの変更について書こうと思います。

既に nyanmaru.net のトップでも告知されてますが、
次のメンテナンス(未定)後に導入プラグインが変わります。

それに伴い、Homeがリセットされます。

◇変更点
SimpleHome -> MyHome への変更により、従来使えた"/sethome"コマンドが使えなくなり、
代わりに"/home set"でHomeをセットする出来るようになります。

以下は、今後使えるようになる(であろう)コマンドです。

/home set : 自分のHomeをセットします。
/home <name> : 他の方のHomeを訪問する事が出来ます。
/home list : 訪問することのできるHomeのリストです。
/home ilist : 自分のHomeを訪問できる人のリストです。
/home invite <name> : 自分のHomeに他人を招待する事が出来ます。
/home uninvite <name> : その名前の人が自分のHomeを訪問することを拒否できます。
/home public : 自分のHomeを公開します。
/home private : 自分のHomeを非公開(プライベート設定)にします。

コマンド一覧

2011-02-07 13:56

どうも、 Kilmer です!

キラーでも、キメラでも、キムラでもありません。 キルマーです!(。A。)


さてさて、今回は初投稿ということで
早速 nyanmaru.net で使えるコマンドを一覧にして紹介したいと思います。

※ なお、< >は必須、[ ]は自由となっています。


◇基本コマンド
/spawn : Respawn地点(旅の始まり)に戻ることができます。
/sethome : 好きな場所にHomeを設定することができます。 ※plugin の変更により使えなくなりました。
/home : 設定したHomeに戻ることができます。
/kit <id> : kitを受け取る事ができます。

  現在 nyanmaru.net で使えるidは以下の通りです。
    1 : Wooden Sword, Wooden Shovel, Wooden Pickaxe, Wooden Axe
    2 : Chest , Workbench , Furnance
  gift : Lapis Lazuli Ore


◇ログインしているプレイヤーの表示
/online : 現在ログイン中の方の名前が表示されます。
/playerlist : 上に同じ。
/who : 上に同じ。
/who <name> : 名前を入力することでその人の情報(座標、HP、etc..)が見れます。


◇エリア保護 (※MC1.4へのアップデート後、WorldGuardの対応待ちです。)
エリア保護を掛けるには、当然ながらエリアを作成する必要があります。
その為には、まず範囲を指定しなければなりません。

Wooden Axe で左クリック、右クリックする事で2点(first point,second point)を選択。
/region define <area-name> <name> : 選択した範囲をエリアとして保存することができます。
/region flag <area-name> <flag> <none : allow : deny> : そのエリアに特殊な保護を掛けることができます。

  現在使える flag は以下の通りです。
   build : ブロックの編集
   pvp : 他人に対しての攻撃
   tnt : TNTの爆発
   lighter : 着火
   mobdamage : Mobからのダメージ

/region addmember <area-name> <name> : 特定の人を許可することができます。
/region removemember <area-name> <name> その人を許可リストから外すことができます。
/region info <area-name> : 入力したエリアの情報を見ることができます。
/region list [number] : エリアの一覧を見ることができます。(自分のものだけでなく、他人のものも表示されます)

また、その場所にエリア保護が掛かっているかは Wooden Sword で右クリックすることで確認する事ができます。



◇チェスト・釜戸 保護
(他にもドア・ディスペンサー・看板に保護を掛ける事が出来ます。)

/lwc -c private [name] : チェスト(釜戸)を左クリックすることでロックを掛けられます。
/lwc -c password <password> : パスワードで鍵を掛けられます。(PWを教えてあげることで、他の人も使用可)
/lwc -m <name> : 許可する人を追加できます。(スペースで区切ることで、複数名の指定可)
/lwc info : チェスト(釜戸)の情報を見れます。
/lwc -p persist : このコマンドを打った後で、他のコマンドを使用することで半永久的にそのコマンドの効果が使えます。
(※例 : "/lwc -p persist"の後、"/lwc info"を1回打つことでその効果が何度も使えます。)
/lwc -r modes : 上記のモードを解除します。
/lwc free modes : 上に同じ。
/lwc free chest : チェストに掛かっている保護を解除します。

※ドアに保護を掛けた場合、現在のdefaultの設定ではredstone回路も無効となっています。
"/lwc flag redstone on"を入力後、保護したドアを叩く事で再び有効になります。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
追記(2011/3/5)
◇変更点
SimpleHome -> MyHome への変更により、従来使えた"/sethome"コマンドが使えなくなり、
代わりに"/home set"でHomeをセットする事が出来るようになりました。

以下は、変更および追加されたコマンドです。

/home set : 自分のHomeをセットします。
/home <name> : 他の方のHomeを訪問する事が出来ます。
/home list : 訪問することのできるHomeのリストです。
/home ilist : 自分のHomeを訪問できる人のリストです。
/home invite <name> : 自分のHomeに他人を招待する事が出来ます。
/home uninvite <name> : その名前の人が自分のHomeを訪問することを拒否できます。
/home public : 自分のHomeを公開します。
/home private : 自分のHomeを非公開(プライベート設定)にします。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------


長くなってしまいましたが、以上です。

誤字・脱字や説明不足な部分などがあれば、コメントやゲーム内などで言っていただければ修正いたします。

ではでは|゚ω゚)ノシ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。